アダルト系と比べると利用料金が安い
FX

自分には克てないことを知ろう

エクセルを使った手動システムトレードとリスク管理で初心者でも安定した資産運用できる方法を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、丁稚トレーダーです。


ランキングに参加しています。まずはクリックお願いします。
為替ブログ FX システムトレード派(別ウインドウが開きます)


ブログを再開してひと月近く経ちます。今回ブログを再開するにあたってタイトルを変えました。ブログの内容は以前と同じように自分でオリジナルの手法を作ることを紹介するのがメインです。


しかし、システムを運用するものは何かを考えた時に最も重要な部分は何かと考え時に相場心理に帰結しました。では、相場心理とは何かと問われると、資産額の変動への耐性ではないかと思います。


丁稚は今運用している手法にかなり自信を持ってます。リスクも以前の手法に比べて落としてます。資金を10倍にすればもっと儲かると考えてます。


でも、出来ません。マーケットのプライスは常に変動しています。運用中に含み損や損失が出ることは当然あります。そして利益がでる場合も多くは最大含み益よりも少ないはずです。


トム・バッソの「成功者への道」にこんな事例があります。


ある企業の重役が退職してその資産運用をファンドに任せます。そのファンドは好調で半年で重役のしさんが20%も増えるのです。しかし、その重役はファンドを辞めたいと申し出ます。理由を聞くと、毎朝新聞で自分の投資している株の上がり下がりを見ると不安になって、健康に悪いからでした。結局、重役は安寧を求めて譲渡性預金に変えてしまいます。


丁稚が少額で投資しているのもこの重役と同じです。金額が大きくなるとこの重役のように、得られなかった金額や損失に神経質になってしまいます。丁稚は小遣い稼ぎできればいいのでこんな不安やイライラを抱えたくないのです。


この相場心理は一朝一夕で変わるものではありません。その対策としては、

自分のシステムの特性、つまりどんな時に損が出てどんな時に利益になるかをある程度把握できる手法を作る。不測の事態、いわゆる「100年に一度の・・・」に備えておく。マネーマネジメントやポジションサイジングを自分の身の丈に合ったものにする

などでしょう。


相場では負けなければ勝てます。負けないためには相場心理を攻略する必要があります。ですから今回は手法作りと同時に相場心理についても書いていこうと考えているのです。


最後にトム・バッソの話にはオチがあります。結局定期預金した銀行が破綻してしまうのです。資産を凍結されて引き出しできなくなって不安になります。そして数週間後に心臓発作で死んでしまうことで不安から開放されるのでした。


関連記事
相場の本を読むのに挫折している初心者へ
負け犬はただブログを書くのみ
トラックバックテーマ 第921回「あなたの一押しの一冊はなんですか?」


応援お願いします
為替ブログランキング

この記事へのコメント
おはようございます。

何事も資金管理が一番ということですね。
それができない&マイルールを破るが重なると大惨事に・・・
そうならないように慎重にトレードして行きたいものです。
今日もがんばっていきましょう(^^)v
2011/03/16(水) 07:05 | URL | BBJ #-[ 編集]
BBJさん、こんにちは。

ルールは大切ですよね。
相場本を逆から読んでいくといいトレーダーになれそうです。
2011/03/16(水) 08:53 | URL | 丁稚トレーダー #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excelsystem.blog38.fc2.com/tb.php/454-421ba5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © システムトレードで負けないFX All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。