アダルト系と比べると利用料金が安い
FX

NHKスペシャル

エクセルを使った手動システムトレードとリスク管理で初心者でも安定した資産運用できる方法を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、丁稚トレーダーです。


さっきまで夕食をたべながらNHKスペシャル「特集・マネー資本主義ウォール街の怪物復活」を見てました。内容は70年代からの投資銀行、年金基金、アメリカの金融政策の変遷を投資銀行を悪者であることが前提みたいな内容でした。よくある内容なのでべつにいいのですが二つだけトレードに通じることがありました。


丁稚は金融という業界は生産性の無い業界だと思っています。この業界のお金が増えるということは、どこかで誰かのお金が金融業界に奪われているのです。その金融業界の規模が大きくなれば奪われるお金もすぐになくなります。そしてよりリスクの高いお金を取りに行くことになり、最後には破たんする。当たり前です。

個人のトレーダーでも利益が出たときは誰かが損を引かされている。逆に自分が損したときはより優秀なプレーヤーにお金を奪われている。そんなことを再認識しました。


そしてもう一つは年金基金についてです。こいつら最悪です。人様から預かったお金を9兆ドルも失ってまだリスク投資しようとしていました。9兆ドルが基金の全資金のどれだけかはわからないですが、かなりの割合を占めていると思います。はっきり言って、資金管理なんか全くしていないはずです。9兆ドルなんて短期間に取り戻そうと思ったら、ハイリスクハイリターンの投資をかなりの規模でやらないと不可能です。人のお金だからといって気軽に使いすぎです。この点でリスク管理と資金管理の大切さを再認識しました。


結局、お金の奪い合いとそのために必要な技術が不足していたためにこんな悲劇が起ったのでしょう。そして数10年後にはまたどこかで同じような金融危機は繰り返されるのでしょう。


余談ですが丁稚はマネーという言葉は嫌いです。人によっては命の次に大事なお金が軽く感じられるからです。


こちらは気軽にクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログへ人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
そのうち、再放送しないかなぁ…

まあ、大体、投資銀行とかは悪者にされますよね。
調子がいい間は、もてはやされますけど。

金融業界は普通の意味の生産性はないけど、お金の流動性を作り出しているんじゃないでしょうか。良いか悪いかは別にして。

年金基金。
まあ、彼らなりの言い訳はあるんでしょうね。
長期運用だから…
分散投資が機能しなかった…
利回りを確保するのに必要だった、etc…

>お金の奪い合いとそのために必要な技術が不足
技術は常に不足していると思います。
というか、本当にそんな技術は存在するのでしょうか。

TIAA-CREFの資産規模は$363 billion。
CalPERSの資産規模は$237.1 billion。
CalSTRSの資産規模は$162.2 billion。
…らしい(損失前?)。

過去の運用実績は、未来の運用を保障するものではないのに、過去の結果からしかポートフォリオは組めませんよね?
そういう観点から、最近、モダンポートフォリオ理論に疑問を持ち始めています。
丁稚トレーダーさんは、どう思いますか?

金融危機は大きいか小さいかはともかく、必ず起きます。地震と一緒です。
大きいのが1発来たから、しばらくは大きいのが来ないというものでもないし、しばらく来ていないから、そろそろ来るというものでもない、と解釈しています。


と、いうわけで(どういうわけで?)応援拍手&応援クリック×3しました!
2009/12/21(月) 03:19 | URL | neuromancer #GMs.CvUw[ 編集]
おはようございます。

私も見ました(^^)
しかし、リスク管理という言葉は、微塵もありませんでしたね(^^;)
しかも、彼らの好きな格付けのないリスク商品にも手を出して・・・
確かに、こんな取引で高給とられたら、庶民は怒りますね!!
まぁ、反面教師として見てましたが・・・
今日もがんばっていきましょう(^^)vぽち3
2009/12/21(月) 07:00 | URL | BBJ #-[ 編集]

neuromancerさん、こんばんは。

NHKはオンデマンド事業を推進してますから再放送は難しいところですね。私も再放送してほしい番組いくつもあります。

> 金融業界は普通の意味の生産性はないけど、お金の流動性を作り出しているんじゃないでしょうか。良いか悪いかは別にして。

仰る通り流動性を作ってるとは思います。そのお金の源流をすぐに枯らしてしまう巨大なポンプのように投資銀行はなっていて、その供給が突然狂って危機が起きるように感じます。
>
> というか、本当にそんな技術は存在するのでしょうか。

私は技術そのものはあると思います。しかしそれは金融工学のように限りなくリスクを0にして利益を取るものではなく、リターンにたいしてしかるべきリスクを背負いそのリスクに耐える方法だと考えます。

金融工学の基本が高等数学と確率統計の技術だと考えると確実な未来は予見できないでしょう。リスクが正規分布すると仮定して(この表現間違えてたらごめんなさい。当方文系につき)3標準偏差以上のことが起こる可能性も1%とはいえ0ではありません。結局0ではないけど限りなくあり得ない事象に対応する備えが無かったそれに尽きると思います。

自分の考えはこんなところです。かなり誤解している部分も多いと思いますがご容赦を。
2009/12/21(月) 21:01 | URL | 丁稚トレーダー #-[ 編集]
BBJさん、こんばんは。

得に年金基金の理事にはいかりを覚えますね。

他人の大金を穴馬券に突っ込むようなマネをして責任もとらず、
さらに大博打しようとしているんですから。
2009/12/21(月) 21:04 | URL | 丁稚トレーダー #-[ 編集]
バブル期の銀行も似たようなものだったでしょうねえ。人の金なんて所詮そんなものでしょう…

だからこそ,自分のお金は自分で守らなくてはですね。
2009/12/21(月) 21:51 | URL | さとっち #pM88PsEc[ 編集]
さとっちさん、こんばんは。

昨日は飲みながら観てたので聞き間違いかもしれません。

わたしも10億円くらいもってたら1000万くらいなら穴馬券に突っ込みます。
2009/12/21(月) 21:58 | URL | 丁稚トレーダー #-[ 編集]
リターンを大きくするのではなく、リスクを減らすことを目指しているのですが、そもそもの
>リスクが正規分布すると仮定して
の仮定が問題なんですよね…

経済物理学の知見から、値動きの上下位5%(=2標準偏差以上くらい)がトレンドを決めていて、それ以外の動きはアトランダムに近いそうな(私の理解できた範囲では)。

最近は、まずはベイズ統計学の理解、可能ならマルチフラクタルを理解したいと思っているのですが、なかなか算数の苦手な文系にはキビシいです。

再び、応援拍手&応援クリック!…あ、拍手済になってる…
2009/12/21(月) 22:34 | URL | neuromancer #GMs.CvUw[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © システムトレードで負けないFX All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。