アダルト系と比べると利用料金が安い
FX

西原理恵子の太腕繁盛記

エクセルを使った手動システムトレードとリスク管理で初心者でも安定した資産運用できる方法を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、丁稚トレーダーです。

今日は仕事が休みだったので書店に行ってきました。休みだったらシステムトレードの作り方を書けという声が聞こえそうですが、セールスコンテストで疲れたのでブラブラしました。


以前は投資関連のコーナーによく行ったのですが今は行きません。あんまり役に立つ本はありません。ふと、新刊平積みのコーナーに目をやると、西原理恵子の「太腕繁盛記」が積んでありました。本日発売のこの本、手にとってパラパラ立ち読みしたところ内容はこんな感じです。


編集に勧められてFXをはじめます。そこにオブザーバーの社長が登場して一緒に投資します。短期間にけっこうな金額を負けて、西原発狂。そしてFXの世界にどっぷりはまっていくという感じでした。


このパターンどっかで見たことあると思ったら、「まあじゃんほうろうき」とおなじでした。編集が竹書房で何も知らない西原に麻雀を教えます。そこにオブザーバーとして銀玉親方が出てきます。


違いがあるとすれば、「まあじゃんほうろうき」では西原の金をむしり取るのは銀玉親方をはじめとする回りの登場人物で、「太腕繁盛記」ではFXの市場参加者だけです。


読み物としても、まあじゃんのほうが面白いと感じました。私は以前は彼女のファンだったのですが、メジャーになって文化人のような扱いを受けるようになってからは彼女の本を読むこともなくなりました。


まだ、メジャーになってなかったころ、やっぱり若かったころの方が毒があって、笑いのセンスもあったように思います。同じように自分も年をとってしまったのでかなり穿った見方もしてしまいます。一千万をFXで溶かしてしまっても、それをネタに漫画を描いたり、テレビでFXのことを語れば十分に元は取れるでしょう。先日,NHKの番組に出演してFXの体験談をしているのも偶然見ました。


まあ、彼女の不幸なのは始めてすぐにサブプライムによる大暴落を体験してしまったことでしょう。もっと以前にはじめていたらもう少しは儲かったとおもいます。


パラパラ、ページをめくったところで本を結局もどしました。以前の彼女の作品と比べると、私的には面白くなかったし、うちの子供はなぜかテレビ東京の毎日かあさんが好きなので家に置いといたら刺激が強すぎるので買わなかったのです。


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excelsystem.blog38.fc2.com/tb.php/187-95ce37c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © システムトレードで負けないFX All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。