アダルト系と比べると利用料金が安い
FX

米国雇用統計

エクセルを使った手動システムトレードとリスク管理で初心者でも安定した資産運用できる方法を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、丁稚トレーダーです。

先週の金曜日にアメリカの7月度の雇用統計が発表されました。それに呼応して大きく円安にふれました。統計後のボラティリティでトレードされた方はさぞ儲かったと思います。


対して、私は雇用統計の発表があることを知りませんでした。
私のトレードはトレンドフォローと値動きのチャートパターンの組み合わせなので全く興味がありません。


指標を使ってトレードをする場合は二つのトレード方法があると思います。ひとつはあらかじめ指標を予測して動く方向に賭ける方法です。もうひとつは動きはじめてから、大きくなったボラティリティを利用してスキャルピングする方法です。


前者の方法は単に数字の良しあしだけで判断がつかないし、私よりもはるかに頭のいいアナリストでも解釈をまちがえるのでやりません。スキャルも時間がないのでやりません。


今現在、自分に合ったトレードは今のシステムを使うことだと思います。たとえ儲かるからと言ってトレードスタイルをくずせば市場からの退場を速めてしまうと考えています。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excelsystem.blog38.fc2.com/tb.php/136-841e5346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © システムトレードで負けないFX All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。