アダルト系と比べると利用料金が安い
FX

ギャンブラーの誤謬

エクセルを使った手動システムトレードとリスク管理で初心者でも安定した資産運用できる方法を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、丁稚トレーダーです。
今日は勝率のところで書いた独立試行と従属試行について書きます。


それぞれの言葉の意味ですが、Yahoo!辞書には次のように書かれています。


独立試行
数さいころを繰り返し振る場合のように、二つ以上の試行が互いにその実行による影響を受けないこと。


従属試行
複数の事象において、ある事象の起こるか起こらないかが、別の事象の起こる確率に影響を与えるような関係にあるもの。


まあことばにするといくらでもややこしく書けます。


例えば、ここに当たりの玉が1個、はずれの玉が4個入った箱があります。


A方式は一回玉を取り出すと元に戻します。B方式ははずれたら玉を戻さないで抽選します。
A方式では当たり確率は何度やっても20%です。たいしてB方式は外れ続けると当たり確率は20%、25%、33%、50%、100%と変化していきます。


このA方式が独立試行でB方式が従属試行です。


トレードは間違いなく独立試行です。ですから負け続けているからそろそろ勝てるだろうと考えるのは間違いです。これをギャンブラーの誤謬といいます。身近でギャンブラーの誤謬にとらわれてる人を見たければ、パチンコやに行けば腐るほどいます。


みなさんはギャンブラーの誤謬に気をつけましょう。







タグ : パチンコ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excelsystem.blog38.fc2.com/tb.php/120-3b9e4388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © システムトレードで負けないFX All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。